事業案内

こころといのちのサポートネット

東京都自殺未遂者対応地域連携事業

こころといのちのサポートネット

    ご利用時のお願い

  • まずは、日常利用されている地域のネットワークの中で対応出来ないないかご検討下さい。
  • ご相談の第一報は、今、ご本人がいらっしゃる機関、もしくは主に支援している機関のスタッフの方からお願いします。
  • 現在の状態や経緯について、スタッフの方から情報をいただけるようにお願いします。
  • 身体の処置や検査が必要な場合は、そちらを優先させて頂くようにお願いします。
  • 貴機関が「こころといのちのサポートネット」からの情報提供等を活用して、他機関への仲介や本人・家族の支援をした場合には、その後の経過についてご報告をお願いしています。
  • ご不明なことや、ご利用するかどうか迷われる場合には、ご相談下さい。
  • 自傷他害の恐れがある場合には、本人家族の同意がなくても警察への通報が必要になります(迷う場合はご相談下さい)。

相談の流れ

東京都自殺未遂者対応地域連携支援事業「東京都こころといのちのサポートネット」

相談のみの場合

  • 相談のみの場合は、救急機関医療等のスタッフの方へ助言を行います。
  • ご本人やご家族の同意は不要です。
  • ご本人の状況や経過など(主に「受け入れチェックシート」の項目について)をお聞きします。
  • ご本人やご家族を特定できるような個人情報はお伝え頂く必要はありません。
  • ただし、下記の情報は伺わせて下さい。
  • 性別、年代、住所地(地域)、家族構成、同伴者、生活費・医療費支払い方法、精神科受診歴、身体疾患の有無

仲介時の口頭同意について

  • 仲介時には、現在の状況に加え、ご本人やご家族の基本的な個人情報を仲介先にお伝えする必要があります。
  • 原則として、ご本人(ご本人から取れない場合はご家族)の同意を下記の要領でとってください。
    1. 本人(家族)へ「このままお帰りいただくのは心配なので、東京都の相談窓口にあなたの情報をお伝えして、必要な支援機関を紹介して頂くようにしたいのですが、よろしいですか?」と伝える。
    2. カルテや相談記録に、上記を説明した日時、説明したスタッフ名、本人(家族)が同意した時の返事をそのまま明記する。
  • 書面を使った方がよろしければ、相談依頼書をご利用下さい。

直接支援時の書面同意について

  • 直接支援時には、ご本人やご家族の基本的に個人情報を把握したうえで、ご本人や家族と電話や面接などでお話する必要があります。
  • ご本人(ご本人から取れない場合はご家族)に「相談依頼書」を渡して、署名をもらって下さい。
  • ご署名いただいた「相談依頼書」はコピーを取ってご本人にお渡しいただき、原本は貴機関で保存してください。